topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男の役割 - 2008.11.05 Wed

今日から、復活しました。
また、よろしくお願いいたしますm(_ _)m


このたび、大姑が他界いたしました。

私が嫁いだ時は、もう病院のお世話になっておりましたので、
一緒に暮らした事はありませんでした。
それでも、季節ごとに帰宅したときは、子供達も
「大きいおばあちゃんとお話する!」と、あれこれ
義母の手伝いをしながら、楽しく過ごしていました。

我が夫は、大姑に育ててもらいました。

だから、あんなにゆったりと穏やかなんだろうな?。

享年98歳。

大往生です。


葬儀にあたり、子供達も本当によく手伝いをしてくれました。

特に、ピカピカは長男の仕事をちゃんとこなしてくれました。

通夜の晩も、夫と子供達で式場に泊まって、火の番をしてくれたし、
葬儀の時も、遺影を持って歩いてくれました。

最後のお別れに立ち会うという経験は、とっても
大事な事だと思うのです。命が終わると、どうなるのか。
簡単に経験出来ることでもないので、今回はみんなにとって
良い経験になっただろうと思いました。

故人を偲ぶ。
大事な気持ちですよね。

「早くから病気が出ていたけど、それはみんなの分を
引き受けてくれたんだと思ってるのよ」と義母が言ってた。

本当にそうだと思う。

そして、最後も連休の間に葬儀が済むように逝った大姑。

おばあちゃん、ありがとう。



また、元気に頑張るね!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お悔やみ申し上げます。

とってもいいご家族ですね。
読んでいて、涙が出ました。

おばあちゃまに見守られている、元気なセダムンさん。
また、私にも元気をちょうだいね(*^。^*)

お悔やみ申し上げます。

おばあちゃん、大往生でしたね。
子供達も何かをしなければと思ったのでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

ご冥福お祈りいたします。
私は身近の死は祖父母ですが幼かったし一緒に住んでいたわけでもなく、遠く離れていたのでイマイチ実感がわかなかったのですがその時の父母の姿は尋常ではありませんでした。いつか父母が逝く・・・その時私はどうなっちゃうんだろうって。

私は目に見えないものは納得できないのですがいつも近くに感じられたらいいなって思いました

お悔やみ申し上げます。
一昨年亡くなった、父の事を思い出しました。
最後まで、残る家族の事を思ってくれていたおばあちゃん素敵な方だったのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お悔やみ申し上げます・・・

大切な人を亡くすのは辛いね。
4年前に義父が亡くなった時のことを思い出しました。
長男がすごく悲しんだの。
自分も悲しかったけど、見てるのが辛かったなぁ・・・

おばあちゃんは優しいご家族に
見送られて幸せだったでしょうね。
これからは天国でセダムンたちを見守ってくれるよ。

セダムンさん、お疲れ様です。

大往生はお喜びですね。

お義母さんの言葉のあったかいこと。
目頭があつくなります。

家族っていいな~ってホントに思える記事を
ありがとうね。

コメントを下さった皆様へ

皆さんからのお悔やみの言葉
ありがとうございましたm(_ _)m

皆さんの言葉を読ませてもらって、色々思い起こす事がありました。
私が嫁いだ時には、もう病院にいた大姑。
子育てと義母の「おばあちゃんの事はアナタが心配しなくて良い」の
言葉に甘えていた私。
もっと、もっと病院に足を運ぶべきだったと思いました。
義母は、長いこと大姑の介護に携わってきたので
この私への一言が出たのです。義母の優しさだと
私は本当に感謝しているし、それほど介護は大変だったのだと、
思っています。これはきれい事ではないのだから。
私との縁は薄かったけど、夫を育ててくれた大姑。
やっぱり、もっともっと心を配るべきだったと反省しています。
私には血縁の祖母がいます。初孫の私を本当に可愛がって
くれました。その祖母に何かあったら・・・
やっぱり私は駆けつけるし、動揺もするでしょう。
同じなのにね。
私がこう思っている分、子供達が大きいおばあちゃんの
為に尽くしてくれた事が、やっぱり嬉しかったし
その事で義父、義母が喜んでくれた事も嬉しかった。
またもや、子供達に教えられました。

私、まだまだです。

なんだかまとまりのないコメレスでごめんなさい。

皆さんの言葉、本当に嬉しかったです。ありがとう。

大きいおばあちゃま、天国で喜んでいられますよ。
最後に大きいおばあちゃまが可愛がって育てたご主人や、
その孫達におくってもらったんですもの。
セダムンが反省する事もあるかもしれませんが、こんなに優しい孫達を
育ててくれたんだもの、大きいおばあちゃまは感謝していると思います。
自分を責めないでね。
大きいおばあちゃまの死で、また一層家族の輪が強くなったんではないですか・・・
とっても温かい記事をありがとう<m(__)m>

めめちゃんへ

ありがとう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sedumaurora.blog120.fc2.com/tb.php/227-3b80a518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハッピーバースディ♪ «  | BLOG TOP |  » お休み

プロフィール

sedumaurora

Author:sedumaurora
3児の母です!(児という程ちっちゃくないな・・・)
子育ても一段落!と思いきや、まだまだ大騒ぎの我が家です。
子供の成長に負けないように、私も進化を続けたい!
そんなテンション高っ!な主婦です!

そら☆といっしょ

SEDUMNのてしごと

最近のコメント

最近の記事

FC2ブログランキング

ランキングに参加しました!一日 1押しいただけたら、励みになります!

FC2ブログランキング

ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

お気に入りさんです!

お気に入りさんです!遊びに行ってみてね!

このブログをリンクに追加する

ギャラリー

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

12星座ランキングⅡ

developed by 遊ぶブログ

フリーエリア

あし@

FC2投票

無料アクセス解析

RSSフィード

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。